五の池小屋に泊まる | 御嶽山 山小屋 「御嶽 五の池小屋 ホームページ」 | 岐阜県
五の池に泊まるa.jpg

御嶽山の山小屋の中で最も北に位置する五の池小屋は濁河登山口9合目(標高2798m)にあります。

五の池小屋と言えば、3つのテラス。

それぞれに特徴のあるテラスで思い思いの時間をお過ごしください。

雲の上にあるこの場所には、日常とは違う時間の流れがあります。

小屋に泊まる楽しみの一つ、夜の山小屋時間。

薪ストーブとランプの灯のもと、「雲上の薪ストーブカフェ ぱんだ屋」の、ピザやお酒をお楽しみください。

ピークに登らなくても、ここがゴールで良いのでは?

そんな山での新しい楽しみ方を提案しています!

3つのテラス 1.jpg
IMG_5942.jpg
ぱんだテラス
dot.png
小屋の前には20mに及ぶカウンターテラス「ぱんだテラス」があります。
目の前に聳える摩利支天山や、季節によって変化する五の池を眺めながら、ケーキやコーヒーで一息つきませんか。
IMG_5994.jpg
パラソルテラス
dot2.png
​白いパラソルの下には足を伸ばせるリクライニングチェアをご用意。お昼寝するも良し、本を読むのも良し、ゆったりとお過ごし下さい。
tatami.jpg
たたみテラス
dot.png
​たたみ9畳分の広々としたテラス。
靴を脱いで寝転べば下山する気もなくなります。空を流れる雲、山を吹き抜ける風、極上のお昼寝タイムをどうぞ。五の池小屋一押しのテラスです!
1/8
五の池小屋の周辺(北御嶽)には、季節や天候によって色々な表情を見せてくれる高山湖や、お花畑が広がり小川が流れる湿原など、豊かな自然で溢れています。
御嶽山の気象条件がコマクサの生息に適し、何千株ものコマクサが広がって咲き乱れるコマクサの大群落もあります。小屋からすぐの濁河登山道の斜面や、小屋から30分ほどの継子岳周辺で見ることができます。(例年7月下旬〜8月中旬にかけて)
小屋周辺.jpg
葉っぱ.png
名称未設定 1.jpg
​営業期間(2021年シーズン) 
春営業:5月20日(木)〜6月20日(日)
(宿泊は6月19日(土)までとなります。)
夏・秋営業:7月10日(土)〜10月10日(日)
(宿泊は10月9日(土)までとなります。)
咋シーズン同様、今シーズンも完全予約制とさせて頂きます。
​寝具類(シュラフ、マット等)のご持参をお願いいたします。
​緊急時以外での、ご予約のない方の受け入れはできませんのでご了承下さい。
​一泊二食付き         11000円
​一泊夕食のみ          9500円
​一泊朝食のみ          9000円
​素泊まり            7500円
​お弁当              800円
小学生は大人料金からそれぞれ2000円引きです。
小学生未満は無料。
食事付きの場合は夕食2000円、朝食1500円頂きます。
詳しくはご予約時にお問い合わせ下さい。

お電話のおかけ間違いには十分ご注意ください。

2021年シーズンのご予約は、3月1日(月)朝9時から開始します。

​お電話でのご予約のみお受けいたします(ショートメール等では予約受付となりませんのでご注意下さい)

五の池小屋では、現地からのダイレクトな山の情報が登山者の役に立つのではという思いから、固定電話ではなく、携帯電話(業務用)にて、すべての予約業務や問い合わせを行っています。
ショートメール、メール、FAX等での予約は受け付けていません。

必ずお電話でのご予約をお願いいたします。  
 

営業期間中の問い合わせは、消灯時間が20時30分となっていますので、20時までの対応とさせて頂き​ます。

どうかご了承くださいませ。

五の池小屋はお泊りになる日の前日までのご予約を希望しています。 
もし当日お泊りを希望される場合は、出来るだけ早い時間にご連絡をいただければ幸いです。
五の池小屋ではお泊まりの人数に合わせて手作りの食事をご用意しています。どうかご理解をいただけたらと思います。
また、登山は天候に左右されます。当日来られなくなってもキャンセル料は頂いておりません。
ただし、キャンセルのご連絡がないと小屋人はとても心配しますので、どうかご連絡くださいませ。

雷鳥右向き.jpg
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Pinterestの